サステイナブル・デベロプメント

サステイナブル・デベロプメント(持続可能な開発)

環境とサステイナブル・デベロプメント

新しいチャレンジへの取り組み 人類への尊重、安全及び生態系保護をトタル・ルブリカンツは最も重要視しています。

エネルギーと化学工業製品のグローバル・プレイヤーとして、トタルはこれらの開発、問題解決に全力を注いでします。

トタル・ルブリカンツでは、サステイナブル・デベロプメントの一環として製品寿命解析を通じてアプリケーションを見つけ出しました。

製造現場から使用済みのオイルを収集まで、当社の潤滑油はISO14001規格手順に従い環境への影響を調査及びモニタリングしています。
 

トタル フューエル エコノミー : より良い環境のための省燃費

省燃費オイルレンジはエンジンの摩擦を少なくすることで、CO2の排出を減らすことを目的に設計されています。 事実、金属と金属の表面同士の接触による摩擦は、パワーロスが発生し燃料を消費します。
 

生分解性潤滑油 : 環境保全と有効性

 

持続可能な開発
環境保護とサステイナブル・デベロプメントは、世間一般で上位にランクされる関心事です。

 

トタルのこれらの問題に対する認識は、主に製品の漏出もしくは事故による流出により直接環境に影響を与える恐れがあるところで使用できる生分解性潤滑油レンジの開発を導きました。(森林、農業、山、水、公共事業、及び産業) これらの製品のユニークな主な特長は、自己分解能力があり汚染の痕跡を全く残さないことです。

 

 

使用済み潤滑油

持続可能な開発

使用済みの潤滑油は二つのカテゴリに分けられます:

  • いわゆる透明オイル、それは使用によって少ししか変質しないオイルで、簡単な浄化プロセスで(フィルタリング/遠心)で容易に再生することができるものです。
  • 自動車の潤滑、熱および機械的な状況下で、酸化によって金属と燃焼残留物が堆積したオイルをダークオイルと呼んでいます。

これらのオイルはどちらも収集と処分方法が異なります。使用済みの可溶性オイルと他の水溶性機械油、水性炭化水素化合物を混ぜてはなりません。

プロダクト ライフサイクル

「Life Cycle Analysis methodology(寿命解析方法論)は使用環境による潤滑油への影響を特定して減少させるために使用されます。このアプローチはスタートから正しい、環境へ配慮した新しいコンシューマー製品の開発に組み込まれるでしょう。」 Olivier Dautrebande サステイナブル デブロプメント ディレクター
 

風力発電 : Wind under Total’s wing

持続可能な開発  

トタルのイニシアチブの1つとして北フランスのダンケルンク近くの農場に5つの風力タービンの実験に関わります。 実物大のテストベッドはトタルがこの特別なアプリケーションのために設計した潤滑油の品質保証に通じるはずです。

TOTAL Cityline : クリーンな都市交通機関のための製品レンジ

ヨーロッパの環境規則に先んじて、トタル・グループは、クリーンな都市交通機関を目指す各社からの要求に対して、環境に優しく、技術的でかつ経済的なオーダーメイドの解決策を見出しました。

 

低SAPS(低灰分、リン、硫黄) 潤滑油

世界的な温暖化、広範囲に広がる公害への対策は、自動車産業の革命を導きました。 二酸化炭素と排気ガスを減らすことが最重要課題となっています。 トタル・ルブリカンツは早い時期からリサーチ&デベロプメントに多額の投資をし、この環境問題の動向を支えています。 今日、新世代の低SAPS潤滑油は、既に市場に導入されている後処理システム(DPF)と互換性があります。
 

生分解性潤滑油 : 環境保全と有効性

 

持続可能な開発
環境保護とサステイナブル・デベロプメントは、世間一般で上位にランクされる関心事です。

 

トタルのこれらの問題に対する認識は、主に製品の漏出もしくは事故による流出により直接環境に影響を与える恐れがあるところで使用できる生分解性潤滑油レンジの開発を導きました。
(森林、農業、山、水、公共事業、及び産業)

これらの製品のユニークな主な特長は、自己分解能力があり汚染の痕跡を全く残さないことです。

 

 

?? ?? ?? ??