Skip to content

トタルはシトロエンの100周年を祝福します

 

2019年7月24日-フランス・パリ- トタルは、長年のパートナーのシトロエンの100歳のお誕生日を祝福します。特徴的な二重のV形のシェブロンロゴをもつフランスの自動車メーカーは、一世紀にも及ぶ革新と素晴らしい自動車製造の歴史で振り返ることができます。 - そして、50年以上続いているトタルとのパートナーシップ。

 

シトロエンは、トタルの潤滑油を全車種の工場充填油として使用し、ディーラーネットワークで販売しています。 50年以上にわたりブレインストーミングを行い、最高の車両に最適な製品を開発するという共通の目標を掲げ一緒に歩んできました。今ではスローガン「Citroën prefers TOTAL」(シトロエンはトタルを選ぶ)は広く知られています。

レースから公道へ

トタルとシトロエンは一緒に、モータースポーツの歴史に素晴らしい幾つかの功績を残してきました。まずはダカールラリーで1991~1996年の間に4回の優勝に始まり、そして2000年代以降、シトロエンとトタルは、WRC(世界ラリー選手権)で2004~2012年に9つの世界タイトルを獲得、そして今から数か月前に、シトロエン・トタル・ワールドラリーチームの優勝により、この選手権において記念すべき100回目の勝利を獲得しました。

 

この不屈のコミットメントにより、2つのブランドは世界中のタイトルを獲得するだけでなく、エンジニアは豊富なデータを収集でき、それは消費者向けの新しい技術や製品の開発に役立てられています。

 

トタル・ルブリカンツの副社長であるマチュー・ソウラスは次のように述べます。

「長年のパートナーであるシトロエンの100周年記念式典という特別な場所に立つことができ嬉しく思います。 シトロエンと当社のそれぞれのブランドは常に卓越性に焦点を合わせており、これはモータースポーツにおいて顕著に成績に反映されています。 自動車製造業が直面している新たな課題に一緒に取り組むことを可能にする先駆的なイノベーション思考が長年にわたり生き続けています。」